ドル建て終身保険 メリット デメリット

保険のガイダンス

ドル建て終身保険のメリットとデメリットについて

多くの人がイメージする終身保険は、保険料を日本円で支払い、保険金や解約返戻金を日本円で受け取るものです。

これを円建ての保険と言います。

しかし、最近では保険自体を資産運用の1つとして考える人が多くなり、円安の追い風もあることから、円建てではなく、外貨建ての終身保険を契約する人が増えてきています。

特に保険商品として多いのがドル建て終身保険です。

聞いたことがあっても、何が良いのか分からない人が多いかと思います。

そこで、メリットとデメリットについてまとめます。


メリットとしては2つあります。

1つ目は予定利率が高いので保険料が安いことです。

ドル建て終身保険は最低保証利率が良いため、円建ての保険と同じ保証額の商品でも、保険料が安くすみます。

特に終身保険や個人年金保険などの貯蓄性の強い保険ほど、予定利率の高低によって毎月支払う保険料が変わってきます。

2つ目は資産を外貨に分散できることです。

投資をしていく上で、分散投資を考える人が多くなってきています。

日本国内の情勢によって日本円の価値が暴落することもあり得ます。

自分の身だけではなく、日本の情勢がもしも万が一の時でも外貨資産を持っておくことで資産を守ることができます。


それに対し、デメリットについては2つあります。

1つ目は為替が円高になると受け取る金額が減ることです。

円高になると為替差益が発生し、思っていた金額よりも低くなってしまう可能性があります。

2つ目は為替手数料が発生することです。

保険料を支払う際に、日本円からドルなど外貨へ換算するときは為替手数料が必ず発生してしまいます。

常に発生する費用のため、しっかりと把握しておく必要があります。


では、どのような場合にドル建て終身保険が良いのでしょうか。

それは保険を資産運用の1つだと考える場合です。

銀行に預ける貯金のように確実に決まった保険料を受け取りたい場合は、円建ての保険が良いですが、少しでも増やしたいと考えるのであれば外貨建てのものを選ぶと良いです。

更に言えば、複数の保険に加入状況や補償内容など考慮して検討必要が出てくると思います。

まずは自分で検討した上で、ファイナンシャルプランナーなど専門の人に相談してみるのも良いかと思います。