がん保険 必要性

保険のガイダンス

がん保険の必要性について

各種保険の必要性は人によって様々ですが、がん保険についてはほぼ全ての人に加入をオススメする保険です。

がんは長期治療が必要になるケースが多く、手術の発生率も高い病気です。

胃がんや肺がん、乳がんなど、さまざまな場所で発症する病気で、日本人の2人に1人はかかると言われる発症率の高い病気です。

また、手術などを行い完治した後でも、再発する可能性もあるので、油断のできない病気なのです。

転移が見つかる場合などもあり、長期的に仕事ができなくなるケースも少なくありません。

特に自営している人などは、治療中の入出費を考えると、がん保険の必要性は特に高くなるはずです。

長期休暇を貰える事もあるでしょうが、仕事を辞めなくてはならない場合もあり、その際に保険などの加入がないと入院費などだけではなく生活費などにも不安を感じる事になるのです。

入院だけではなく長期的な通院が必要になり、医療費がかさむ場合もありますので、がん保険に入っておけばいらない不安を抱える必要がなくなります。

また、日本の公的医療制度では、先進医療や自由診療など保証されないものも多くあり、保険さえあれば大丈夫とは言い難いのが実情です。

先進医療とは、その名前通り、先進技術の医療の事で、場合によってはこの治療でなければ治せない病気などもでてきます。

特にがんについては、この先進医療が必要となるケースも多く、従来の治療では治せなかったり、長期的な治療となるものが、先進医療なら完治させる事ができたり、期間を短くする事ができたりします。

しかし、普通は公的医療制度の保証が適用されず全額負担となるため、高額になる事が殆どです。

こういったケースにも対応できるよう保険に入る人も少なくありません。
また、このケースを見越した保険も昨今では増えており、がん治療に特化した保険では、先進医療を対象とした個別保険もあります。

細かく種類分けされている保険も数多くありますので、自分に合った保険を探す事ができます。
無料で相談を受けるコンサルタントも多いので、確認してみる事をオススメします。

がんは付き合いが長くなりやすい病気です。
また、日本人の死因で第一位となっている病気です。
長期的な広い視野で保険を検討する事をオススメします。