死亡保険 必要性

保険のガイダンス

死亡保険の必要性はそれぞれのライフステージによります

家族が毎日を元気に健康で過ごしていくことは、みんなの理想です。

しかし、何が起こるか分からない世の中です。

いつ、誰が、どんな病気にかかってしまうか分かりません。

どこで事故に巻き込まれてしまうかもしれません。

なぜ、自分の身にこんなことが起こってしまったのかと悩むことになってしまうかも知れません。

そんな時に重要なのが、「保険」です。

保険に入っていれば、自分にふりかかった悩みを解決する手段の助けになります。

「保険」には、いろいろな種類の保険があります。

「死亡保険」、「医療保険」、「ガン保険」などいろいろな種類があります。

それぞれ保険金の掛け方や保障内容、特徴などが異なっています。

「死亡保険」はもちろん、死んでしまった時に保険金が支払われるものですが、満了期のある「定期保険」、一生涯保障がある「終身保険」、死亡保障額と満期金が同額の「養老保険」などがあります。

「医療保険」は、ケガや病気で医療機関にかかった際に保障される保険です。

治療費や、入院、手術代が保障されます。

「ガン保険」は医療保険と似ていて、ガンで医療機関にかかった際に保障されます。

治療費や、入院、手術代の他に、先進医療の保障が付いてることが多いのが特徴です。

これらの保険は、どれもとても大切な保険ですが、すべての人にすべての保険の必要性があるわけではありません。

それぞれのライフステージにおいて必要な保険は変わってきます。

保険は、独身なのか、既婚者なのか。

また、家族がいるのか、こどもがいるのか、こどもは大きいのか小さいのか。

など、細かい条件で変わってきます。

抱えるものが多い立場であるほど保険の必要性は高くなります。

独身であれば、自分がケガや病気をした時の、自分の生活の保障があれば大丈夫です。

しかし、小さなこどもを抱える大黒柱であれば、自分だけでなく、小さなこどもが、これから成長していくために必要な資金を残しておける保障が必要になります。

保険には、いろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。

それぞれの特徴を理解して、自分のライフステージも考慮し、もしもの時に、誰のためにどのくらいのものが必要なのかをよく考えて保険を選ぶことが大切です。