死亡保険 必要額

保険のガイダンス

死亡保険の必要額の考え方

生命保険に加入するという場合の保障必要額は一人ひとり異なります。
万が一の際に受け取ることが出来る金額が大きければ大きいほど、支払う保険料も高額になります。
場合によっては、無駄に多額の保険料を支払うということにもなりかねませんので、注意が必要です。

まず、死亡保険の保障必要額については、家族構成や考え方により大きく異なります。
契約者が何らかの事情で亡くなった場合、残された家族が受け取ることが出来るのが、死亡保険です。
子どもがいるという場合、その子ども成長に必要となる金額を目安にするとよいでしょう。
現在、子ども1人あたりの幼稚園から大学までの学費は全て公立であった場合でも1000万円以上は必要になると言われています。
また、その他に暮らしていくための生活費が必要となります。
生活費は長期にわたって必要となるものですので、その分多くの金額が必要となります。
つまり、子どもがいる場合には、その子どもの年齢にもよりますが3000万円から8000万円が目安と言えます。
ただし、住宅が持ち家なのか賃貸なのかにより必要となる生活費は異なりますので、しっかりと確認するようにしましょう。

次に、結婚はしているけれど子どもはいないという場合です。
子どもがいないうちはそれほど多額の保障は必要ないと考えられています。
契約する場合には、自分に万が一の事があった場合に、どの程度の生活費が必要となるのかを考えるとよいでしょう。
現在、子どもが出来るまでの期間は共働きとなるケースが多いようですので、それほど生活には困らないという可能性があります。
それでも葬式代やお墓代などが必要となりますので、最低限は準備しておいたほうが良いでしょう。
また、共働きではないという場合、世帯主が無くなった場合は収入が途絶えてしまうことになりますので、必要となる保障額は違ってきます。
目安としては、200万円から1000万円程度と幅があります。

独身の場合は、それほど大きな保障は必要ありませんので、葬儀関連の費用を目安に決めるようにしましょう。
葬儀関連の費用をまかなうことが出来るほどの貯蓄があるという場合には、加入する必要も無いでしょう。

死亡保険は誰しもが必要というわけではありませんので、ライフプランに応じて最適なものを選ぶようにしましょう。