医療保険 必要性

保険のガイダンス

病気になったら医療保険の必要性を本人が痛感する

ある人間が死んだらその本人の死後の世界はどんなものかはわからないが、残された家族などが金銭的に困窮したりするからそのリスクを軽減するために家族などがある人間は死亡保険に加入して備えるのです。

では家族などのない人間の場合、つまり独身の人間は死亡保険に入る必要はないと考えることも可能です。

しかしながら人間が死ぬ場合、重大な交通事故などによって突発的かつ瞬間的に死ぬこと(=即死)は頻度としては高くはないことは十分に想像されることです。

要する本人がポックリ的にあっさり死にたいと思ってもなかなかそれは実現できないことで、病気になり病院に入院してという経過をたどることにことになるわけです。
死亡してしまえば、家族は困っても本人は困らないかもしれないが、病気の場合は間違いなく本人も困ります。
それは独身でも同じことです。

ちなみに日本人の場合、死因の筆頭は癌でその比率は約3割、ついで脳卒中と心臓関係の両方を足したものも約3割とか言われています。

また日本など長寿大国と言われていますが、長寿化した主因は間違いなく医療水準の向上ですから、これは視点を変えれば、病気になっても人間はなかなか死なないとも表現できます。

従って医療保険の必要性が浮上するわけです。

ではどんな医療保険がよいのか。
あるいはどんなタイミングで入るのかです。

遺伝的要素が絶対的でないにせよ家族や親せきなどの傾向から癌にかかりやすい家系であるとか、また脳梗塞等の循環器系(=血管系)が問題になりやすいとかのアタリをつけることぐらいは出来るでしょうから、選択についてこれらの傾向を参考にして重点を何に置くかを決めればよいわけです。

また一般的に病気になってからでは、保険には入れないものですから、元気なうちに医療保険に入っておきましょう。

確かに既往の病気は保険対象外でその他はカバーされるというような加入方法などもありますが、手続等もややこしいとかなど色々あるようですから、繰り返しになりますが、元気で若いうちに入っておくのがお奨めです。

いわゆる生活習慣病なども典型的ですが、歳を重ねる老化が病気の一番の原因ですからこのことは納得頂けるものと思われます。