定期医療保険 メリット デメリット

保険のガイダンス

定期医療保険のメリットとデメリット

医療保険には定期医療保険と、終身医療保険の2つのタイプがあります。

定期医療保険は、若いうちの保険料が安く、5年や10年ごとの更新があり、そのたびに料金が上がるようになっています。

終身医療保険は、年齢に関係なく一定の額で更新の必要もありませんが、その分若いうちの保険料が高くなっています。

現在の主流は終身医療保険となっていますが、人によっては定期医療保険が適している場合もありますので、今一度確認をおこなってみる事をオススメします。

特に、ある程度の貯蓄があり、老後の医療保険は必要ないと考えている方や、逆にまだ収入が低く、保険料の支払いが厳しい方などには定期型の方が適しているケースが多いです。

この保険のメリットは、期間が限定されているので、終身保険に比べてはじめの保険料が割安になる事。
特に若ければ若いほど保険料が安いので、社会人になりたての方などにも加入しやすくなっています。

そして、保険料が割安なので、他に良い保険が出た時に見直しがしやすい点です。

保証期間も短期間なので、乗り換えもしやすく、更新時の解約が気軽におこなえるのも魅力の1つです。

デメリットは、保険期間が限定されているため、更新で保険料が上がる事と、更新に年齢制限がつく場合がある点です。
80歳までしか更新ができないなどの保険もありますので、加入する際は注意が必要です。

また、高齢になると更新料が高くなる場合が多く、掛け捨てになるケースも多いので、その点を含めてどちらの保険が良いか吟味が必要です。

保険会社によっては、30歳や40歳での保険料が、定期型と終身型では2倍位上の差になっている事も多くあります。
どこに焦点を合わせるかによって、加入した方が良い保険が変わるので、細かい比較をおこなってみて下さい。

若いうちは定期型を利用し、収入に余裕ができてきたら終身型に移行するという人も少なくなく、使い分けという選択肢もあります。

長い人生ではいつ保険が必要になるか分からない反面、生涯必要がなかったという方ももちろんいます。
保険にはインフレリスクなども関係してくるので、長期的な広い視野でどの保険を利用するのか、よく検討してみる事が重要となります。