税金対策 死亡保険金

保険のガイダンス

税金対策として死亡保険金が注目されています

税金対策の一つとして死亡保険金が注目されています。

相続税の改正があり、相続税においての控除額が減額されたために、これまで相続税を課税されることがなかった多くの人も課税されるような時代になったのです。

改正によってこれまでは基礎控除5000万円に加えて法廷相続人一人当たり1000万円の控除ができたものが、基礎控除3000万円に減額、さらに法定相続人一人あたりの控除額も600万円と大幅に控除額が減額されたのです。

これは仮に一人が相続するという場合に、これまで6000万円までの課税対象なら相続税が発生しなかったのが、これからは3600万円を超えると超えた部分について相続税が課税されるようになったのです。

このため相続税対策して税金を如何に安くするか、支払わないようにする方法はないかということになってきているのです。

その一つの方法が生命保険の死亡保険金を相続に活用することなのです。

生命保険を相続に活用する場合のメリットというのは2つの側面があります。

まず現金であれば相続時にそのまま課税されるのですが、この現金を生命保険の保険金として支払うことによって相続する際の資産としての現金が減るということがあります。
このことにより税制改正で控除額が減ったのですが、いくらかを取り戻すことも可能なのです。

もう一つの側面は生命保険を受け取る際に非課税となる枠が設けられているということです。
これは相続人一人当たり500万円という額なのです。

このように財産としての現金という資産を減らすことができ、さらに相続人一人当たりの控除が増えるということになり、生命保険を相続に活用する方法は一つの方法をとるだけで二重に美味しいという仕組みとなっているのです。

例えば、夫と妻、子供二人の家を持つ家族において夫が死亡した場合を考えてみると、住宅などの資産を7000万円としたときに生命保険を活用しないとすれば、7000万円-3000万円-1000万円×3=1000万円について相続税がかかるのです。

これに対して1000万円を生命保険に支払い、1000万円の死亡保険金を受け取るとすれば、6000万円-3000万円―1000万円×3-500万円×3でマイナスとなり、まだまだ資産がある場合も相続税がかからないということになるのです。